加齢臭は30代以降の男性が発する特有の男性臭のことですが、この加齢臭を嫌っている女性というのはかなり多いです。加齢臭は一般的に自覚症状が薄く、あまり自分では気にならないのですが、女性の多くはその臭いを生理的に受け付けない、嫌悪感を抱いたり酷い場合はシーツや服を選択のときに持つだけで嘔吐感を抱くほど不快に感じる場合もあります。
でも家族や女性に「臭い人」扱いされるのは精神的にもかなり辛いですよね。。

この加齢臭の原因はノネナールという物質です。ノネナールは皮脂が過酸化することで発生する物質ですが、これがあの独特なオヤジ臭を作り出します。このノネナール対策が、加齢臭を克服するには必須なんですよね。

 

ノネナールを克服するにはどうすればいいの?

ノネナール対策におすすめなのは柿渋だといわれています。柿渋の消臭効果というのは一般的にもかなり有名です。そもそも柿渋って何だよ!って思う方もいるかもしれませんが、柿渋というのは未熟な渋柿をすりつぶして、さらに発酵させてつくる液体のことです。歴史的には漆の下塗りにも使われていたものですね。

このノネナールには「柿タンニン」という成分が含まれているのですが、これが非常にノネナールを抑えるのにいいんですよね。他にもノネナール対策として知られるのが茶カテキンなども効果があります。

 

ノネナール対策で石鹸を変えてみる

ではこの柿渋や茶カテキンを摂取するにはどうすればいいのでしょうか?主な方法としてはサプリメントの摂取か、石鹸での皮膚の洗浄のどちらかになります。ですが個人的に圧倒的に効果が実感できておすすめなのは石鹸を変える、という方法です。

柿渋が含まれるノネナール対策石鹸というのは有名なものがいくつか種類があります。例えばこちらの「男のたしなみ」や「濃い柿渋」が有名ですね。

 
WS03050

 
おすすめ「濃い柿渋」の公式サイト

 
男のたしなみには、柿渋だけでなく茶カテキンも含まれているので、この石鹸でカラダを洗うだけで長時間の消臭効果が期待できます。実際に使ってみるとわかるのですが、ほのかなヒノキの香りがしてかなり良い感じです。値段も、普通の石鹸より少し高いですが手頃な値段なので加齢臭で悩んでいる方は一度試してみるといいと思います。